人工物デジタルツイン

人工物デジタルツイン

人工物デジタルツイン

人工物システム構造材料の劣化進行具合を広範に検出するマクロ検査技術、その結果に基づいて特に劣化が進行している箇所を重点的に検出するミクロ検査技術により、構造材料の劣化状態を適切に把握する。

人工物デジタルツインとは、これら各々のスケールでの時々刻々の検査・モニタリングデータを入力値として構造材料劣化を計算できる数値モデルを開発し、それらを連成させるマルチスケール解析により仮想空間でシステム構造材料の状態を再現あるいは予測するものである。

Researcher

沖田 泰良

准教授

web site

Back to Top